テレビ

【相棒18】最終回の桂川社長役は村上新悟!イケボ俳優の演技力は?結婚はしてる?

テレビ朝日放送の「相棒18」がいよいよ最終回を迎えました!

毎回様々なゲストが出演して花を添えてきましたが、今回は桂川社長役で「村上新悟」さんが出演されます。

イケボと噂される「村上新悟」さんについて調べてみました☆

広告
スポンサーリンク

【相棒18】最終回の桂川社長役は村上新悟!イケボ俳優のプロフィール


~村上新悟さんのプロフィール~
本名:     村上新吾
生年月日    1974年12月10日45歳 2020年3月時点
出生地     栃木県小山市
身長      176cm
血液型     O型
学歴      小山工業高等専門学校電子制御工学科 卒業
所属劇団    無名塾(2001年 – 2015年)
所属事務所   高岡事務所
趣味・特技   ビリヤード・ギター・和太鼓・目玉焼き作り・ビリヤード

村上新悟」さんは、学生時代、高等専門学校で電子制御工学を学んで、大学への編入試験に挑戦しましたが、残念ながら失敗。

目標を見失っていた時に、映画監督を目指していた親友の影響で、「親友が監督になった時、その作品に出演するために演技を学んでおこう」と急に思い立ったんだとか。

その親友の勧めで俳優の「仲代達矢」さんが主宰する無名塾の入塾審査を初めて受けたのが22歳の時。

その後年に1回しかない入塾審査に落ち続けること実に3回(;’∀’)

2001年の入塾資格の年齢限度となる「村上新悟さん26歳最後の審査の際に、仲代達也」さんが『君はどこかで見たことあるな』と声をかけてくれたんだそう。

実は3回落ちてます」と答えたところ、4回目にしてやっと合格したとか!(^^)!

無名塾といえば厳しい指導と高い入塾倍率で知られてますよね。

過去には倍率200倍ということもあったそうで、とーっても狭き門なので、その名を「劇団の東大」と呼ばれているんだとか。

無事に合格した「村上新悟」さんはその後、無名塾公演「ウインザーの陽気な女房たち」で初舞台を踏みました。

家賃2万円で風呂無し、トイレ共同のアパートで暮らしながら、舞台経験を積み重ねて、2007年「風林火山」でNHK大河ドラマに初出演!

こなれた時代劇の所作と独特の低音の声が高く評価されて、2013年の「八重の桜」から、2016年までの「真田丸」まで、4年連続大河ドラマに出演!

真田丸」での「直江兼続」役では「声も演技もステキ!」と大変注目を集めました!

その後、2013年に映画『書くことの重さ 作家 佐藤泰志』で初主演。

全国20箇所のみの上映ではありましたが、好評を博して、各地でロングラン上映されたそう☆

舞台での活躍も多い「村上新悟」さんは、2013年「朗読で触れる佐藤泰志の世界」朗読会では主演を務めましたよ!

【相棒18】最終回の桂川社長役は村上新悟!イケボ俳優の演技力は?結婚はしてる?

村上新悟」さんは現在独身です!

イケメンにイケボとくれば、とっても人気で、相手選びには苦労しないでしょう。

でも、今のところ噂になったお相手などはいらっしゃいません。

お仕事優先で、忙しい毎日の傍ら、お仲間のかたとの語らいの時間を大事にしているのかも。

無名塾の三期上の「滝藤賢一」さん、一期下の「LE VELVETSの佐賀龍彦」さんとはプライベートで親交が深いんだとか。

たのしそうな面々ですね☆

また、演技力には定評がありますよ!

NHKのスタッフさん達からは『知名度が高くなものの、実力は十分で、きっかけがあれば一挙にブレークするはず」とか、「みえの切り方や視線の動きがすばらしい」とみなさん口をそろえるほどだったとか。

「村上新悟」さんは「役者は『生涯修業』」と思い、どんな役にも挑戦する覚悟で、稽古に励んでいるんだそう。

ステキですね☆

広告
スポンサーリンク

【相棒18】最終回の桂川社長役は村上新悟!イケボ俳優の出演作品

村上新悟」さんて、「何度も見たことがあるのに、名前がわからないなぁ」というくらい、たくさんの出演作品がある俳優さんなんです☆

主なものを見ていきましょう!

【テレビドラマ】
~NHK大河ドラマ~
2007年  風林火山
2013年  八重の桜
2014年  軍師官兵衛
2015年  花燃ゆ
2016年  真田丸
2018年  西郷どん

~ドラマ~
2018年  あなたには帰る家がある TBS
2019年  イノセンス 冤罪弁護士 日本テレビ
2019年  4分間のマリーゴールド TBS
2020年  伝説のお母さん NHK
【映画】
2009年  引き出しの中のラブレター
2013年  書くことの重さ 作家 佐藤泰志
2013年  清須会議
2017年  未成年だけどコドモじゃない

【舞台】
2001年  ウインザーの陽気な女房たち
2003年  森は生きている
2009年  マクベス
2012年  無明長夜
2013年  朗読で触れる佐藤泰志の世界」朗読会

大河ドラマ「真田丸」が役者人生のターニングポイントとなった「村上新悟」さん。

演技力とともに低音の美声が「イケボ」と話題を呼んだんですが、「村上といえば『』と言われてしまう」とそれを脱することを目指しているんだとか。

自分を厳しく見つめる一面もまた魅力的ですよね☆

それでも、素敵なお声はぜひぜひ今後も生かしてほしいもの。

村上新悟イケボ過ぎるから悪い役続々するわー

引用:twitter

分かります~!!

村上新悟さんのイケボをJ-WaveとかのFM局で毎日深夜10分くらい聴きながら眠りたい

引用:twitter

管理人もお願いしたい☆

あるわあるわ、「村上新悟」さんの声の需要!!

イケボだけが独り歩きしているわけではない、実力派俳優さんですから、是非声のお仕事も引き続きお願いします☆

連ドラのお仕事が入ってくると、一気にブレークしますよね!!

是非そういったお仕事お願いします(^^)/

期待してます☆

広告
スポンサーリンク