掃除

窓掃除は重曹とクエン酸でピカピカに!日常で綺麗を保つテクニックも!

 

窓の掃除、面倒に感じたことはありませんか??

掃除しても思ったようにキレイにならない窓専用洗剤を買うのがもったいない・・・と思っているかたも多いはず!!
実は私もそうでした!!!
不器用だしズボラなので、手間がかかることにはなかなか取りかかれなくて・・・

でも、「重曹とクエン酸」があれば簡単にキレイにすることができます!

広告
スポンサーリンク

窓掃除【重曹とクエン酸】の違い

今回は、重曹とクエン酸の2つを使います。
「なんで2つも??」と思いますよね。
それぞれには性質と役割があるからなんです☆

重  曹:アルカリ性 ⇒ 酸性(油や皮脂)の汚れに効果あり
クエン酸:酸   性 ⇒ アルカリ性(水垢)の汚れに効果あり

窓の汚れは、砂やホコリ排気ガス、ガラス面を触った時の皮脂汚れなどの酸性の汚れや、結露からできる水垢などのアルカリ性のものとが混ざっています。

二つを使えばどちらの汚れもスッキリ落とせますね!
また、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ペットを飼っているなど、環境にも身体にも優しい掃除方法を知りたいというかたも、是非お試しください!

窓掃除を重曹とクエン酸でキレイにしてみよう【準備するもの】


【準備するもの】
重曹
クエン酸
計量スプーン
ビニール手袋(肌の弱いかた)
マイクロファイバーふきん
200mℓスプレーボトル 2つ
(水とぬるま湯)
はけ (サッシの砂やごみを掃います)
ペットボトル(サッシのレール下を流すときに使います)

☆掃除に取りかかる前に、重曹水とクエン酸水を準備します!

☆重曹水とクエン酸水の作り方☆

【重曹水】スプレーボトルにぬるま湯200mℓと重曹小さじ2を入れてよく混ぜます
※重曹は溶けにくいのでぬるま湯で!

【クエン酸水】スプレーボトルに水200mℓとクエン酸小さじ1を入れてまぜます
※どちらも、日の当たらない場所に保管すると2~3週間使用できます☆

重曹とクエン酸で実際に窓掃除をしてみた!

 

重曹とクエン酸で窓掃除をする方法

  • STEP01
    下レールの掃除
    ペットボトルの水と刷毛で汚れをおとします

  • STEP02
    重曹水
    外側の窓に重曹水をスプレーします
  • STEP03
    拭き取り
    布巾を水で濡らして硬く絞り、上から下にコの字になるように拭き取っていきます。
  • STEP04
    クエン酸水
    重曹水が拭き取れたら、クエン酸水をスプレーします
  • STEP05
    布巾で拭き取る
    重曹の時とは違う布巾を水で濡らして硬く絞り、上からコの字になるように拭き取ります!
  • STEP06
    乾拭き
    最後に乾いた布巾で乾拭きをして、外側は終わりです。
  • STEP07
    内側の窓掃除
    外側と同じ要領で、重曹水⇒拭き取り⇒クエン酸水⇒拭き取り⇒乾拭きをします
  • STEP08
    掃除前
    外側・内側ともに汚れてました

  • STEP09
    掃除後
    透明度が高く、キレイになりました

実は、アルミ製品は重曹・クエン酸に弱いんです!!

なので窓枠やレールには注意が必要なんですよ。

垂れてしまったときに長い時間そのままにすると変色する場合がありますので念の為に窓枠などは最後に吹いた方がいいですね(^_-)

心配な方は、結露防止のテープや、養生テープを貼って保護してから掃除するといいかもしれませんね。

広告
スポンサーリンク

窓のキレイを保つプチテクニック

掃除した窓、できるだけ長くそのキレイさを保つには、汚れの原因となるホコリなどを付きにくくすることが大切です。

それを叶えてくれるのが「ヘアコンディショナ―」です!!

ヘアコンディショナ―は、静電気を予防してくれるので、ホコリがつきにくくなるんです。

水で100倍くらいに希釈して、スプレーボトルなどに入れて使うと便利です。
※水500mℓにコンディショナー5mℓ(小さじ1)を入れて混ぜます☆

窓ガラスに吹きかけて、乾いた布で拭き取るだけです。

掃除した後の仕上げとしてやってみるといいですね☆

窓掃除をする時のポイント

ここにテキストを入力

①晴れた日よりも曇りや雨上がりの日を選ぶ

湿度が高いとガラスに付着した汚れが浮き上がるので掃除がしやすいです!

②掃除する時間帯は朝や夕方の時間帯にしましょう☆

夕方は光の反射が少ないので、汚れが確認しやすいです!
日中は乾燥する時間が早いので、拭き跡が残ってしまったり、反射して汚れが見えにくいことがあるので、避けたほうが無難です!

③網戸やカーテンをキレイにしてから取り掛かりましょう☆

網戸やカーテンが汚れていると、風でホコリが舞い、ガラスについてしまいます。

カーテンや窓ガラスがキレイになると、室内が明るく感じます!
汚れも気分もスッキリピカピカにしたいですね!

広告
スポンサーリンク