麒麟がくる

麒麟がくる【足利義輝】向井理ロスの声多数!悲劇の剣豪の最期は?

放送開始以来ネット上を騒がせている【麒麟がくる】ですが、2月16日放送第5回には向井理さんが演じる「足利義輝」が登場しました。

あまりの美しさに、スタッフさえも惚れ惚れしたとか。

またネット上では、向井理降臨!!

と話題騒然となりました!

そして、8/30の放送前に今後の予告編が流れると、「義輝!!」という悲劇の剣豪の最期を気に病むファンの声が聞こえ始めました。

様々な声が上がる中今回は、悲劇の剣豪「足利義輝」を演じる向井理さんについて改めて調べてみました☆

広告
スポンサーリンク

麒麟がくる【足利義輝】向井理のプロフィール

本名      向井 理(むかい おさむ)
生年月日   1982年2月7日
(38歳 2020年2月時点)
出身      神奈川県横浜市
身長      182cm
血液型     O型
配偶者     国仲涼子(2014年)
事務所     ホリエージェンシー
趣味      サッカー・お酒・料理・ボルダリング

わがままで生意気で、サッカーなどのスポーツばかりしている少年だったそう☆

動物が大好きで、獣医師を目指して勉学に励み、1浪後に「明治大学農学部生命科学科」に合格し、「遺伝子工学」を専攻しました。

数名の研究メンバーと共に『ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定』という研究で、第29回 国際動物遺伝学会議(2004年9月開催)『ベストポスターアワード』受賞したという輝かしい経歴の持ち主なんです!

勉学だけではなく、アルバイトとして東京・渋谷区のカフェバーでバーテンダーを務めた際もプロ意識を強く持っていたそう。

レパートリーはなと500を超えていたんですって!!

大学4年生の時に大学院進学か就職かで迷いましたが、カジュアルなバーに社員として就職して、後に店長を1年間務めました。

「イケメン」として取材を受けた写真が雑誌 『Tokyo graffiti』に掲載されて、同誌のイケメンランキングで4位となったのをきっかけに芸能界入りしました☆

イケメンだけではなく、頭も良くて仕事熱心だなんて最高ですよね。

プライベートでは、2012年1月期放送のドラマ『ハングリー!』で共演し交際に発展した女優の「国仲涼子」さんと、2014年12月28日にご結婚!

2015年9月に公式サイトを通じて第1子となる男の子がご誕生☆

2017年9月25日に国仲涼子さんの第2子妊娠を発表しましたが、出産後の情報はありません。

【麒麟がくる】光秀の剣術流派は鹿島の太刀!太刀捌きは上手いの下手なの?【麒麟がくる】が好評放映中ですが、16日放送分の「伊平次を探せ」で、長谷川博己さん演じる光秀が本能寺を訪れた際に、眞島秀和さん演じる細川...

麒麟がくる【足利義輝】向井理の出演作品と管理人イチオシ作品!

【ドラマ】
2014年10月   信長協奏曲
2016年 7月    神の舌を持つ男
2018年 1月    きみが心に棲みついた
2018年10月   リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜
2019年 4月    わたし、定時で帰ります。
2020年 1月   10の秘密

【NHK朝ドラ・大河ドラマ】
2010年3月   ゲゲゲの女房
2016年4月    とと姉ちゃん
2011年1月    江〜姫たちの戦国〜
2020年1月    麒麟がくる(2020年)

【映画】
2015年     S -最後の警官- 奪還
2016年     信長協奏曲
2016年     RANMARU 神の舌を持つ男
2019年     ザ・ファブル
2019年     引っ越し大名!

【舞台】
2017年     スジナシBLITZシアターVol.5
2017年     劇団☆新感線「髑髏城の七人」 Season風
2019年     美しく青く

演技力にも定評がありますよ!

受賞歴もこんなに!

【受賞歴】

2010年  第66回 「ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞」:ゲゲゲの女房
2011年  第35回 エランドール賞 新人賞
同 年     第32回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞:『BECK』、『ハナミズキ』
同 年   第  7回 TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー2010 最優秀助演男優賞 :『ゲゲゲの女房』
2019年  第16回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演男優賞:『わたし、定時で帰ります。』

沢山ある出演作品の中で、管理人イチオシ作品は『わたし、定時で帰ります。』です!

最終回後には、管理人も「種田さんロス」になりましたから☆

向井理さんは、ワーカーホリックでも、しっかり周りの事も見渡せる理想のイケメン上司「種田晃太郎」を好演しました!

吉高由里子さん演じる「東山結衣」とくっつきそうでくっつかない、なんとも歯がゆい感じと、時々見せる種田さんの優しい微笑みにすっかりやられてしまいました。

【麒麟がくる】足利義輝ネタバレ!悲劇の剣豪の儚い末路とは?放送開始以来ネット上を騒がせている【麒麟がくる】ですが、2月16日放送第5回には向井理さんが演じる「足利義輝」が登場しました。 ネ...

麒麟がくる【足利義輝】向井理ロスの声多数!悲劇の剣豪の最後は?

今回、向井理さんが麒麟がくるの中で演じるのは、室町幕府の第13代征夷大将軍の「足利義輝」です。

「将軍に訴訟がある」と嘘を言って攻め入って来た家臣の裏切りでこの世を去ります。

生涯無敗の「剣聖・塚原卜伝から、奥義「一之太刀(いちのたち)」を伝授されたというほどの剣豪義輝は、名刀を畳に刺しておき、刃こぼれを起こすと次の刀、また次の刀と引き抜いて、応戦しますが、多勢に無勢で悲しい最期を迎えます・・・

足利義輝 辞世の句

「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」

しとしとと降るこの雨は、ただの露であろうか、それとも志半ばでこの世を去る私の無念の涙であろうか。

私を迎えに来たほととぎすよ、天高くへ飛翔し、誇り高く戦った私の名を雲の上まで広めておくれ。

昔、不如帰(ホトトギス)は、この世とあの世を行き来する、使者と信じられていたんです。

 

大河ドラマも好きなので、麒麟がくる!見てるんですけど、これは本能寺の変だけでなく、悲伝のころのお話にもなるので、足利義輝や三好が出てきて、無駄に心臓をえぐってくる😭

引用:twitter

 

メモ帳整理ついでに見返してたら書き留めておいた足利義輝さまの辞世の句が出てきた。読んでいるうちにふと先日の「麒麟がくる」で見せた向井義輝様の儚げな微笑を思い出して、何か泣けてきた…。(情緒不安定) 

引用:twitter

「辞世の句」を読むシーンや、戦いのシーンなどなど想像しただけで泣けてきます(;_:)

放送前に向井理ロスになっているファンの方がたくさんいらっしゃいました・・・!
もちろん管理人も・・例外ではないです(泣)

 

 

今回、向井理さん演じる足利義輝の衣装は「高級感のある雅な素材」をテーマに、他の武士とは一線を画した高貴な紫色を基調にしているそう。

すべて折柄の入った上品な素材で作られているんですって☆

とても良くお似合いで、上品さが増してますよね。

今回、向井理さんは長谷川博己さん演じる「明智光秀」との共演の際、大切にしたいシーンがあるそうで、義輝光秀に「平和な世を象徴する麒麟の話をするシーン」なんだそう☆

そこは戦国の世に生きる二人のアイデンティティーが心の奥底でふれあい、これから先の光秀の核となるものを義輝が与える大事な場面だと向井理さんは考えているんです。

台本を読んだり、色々と時代背景やらを学んで役に臨むのだと思いますが、心の奥だったり魂の部分をどう表現するか、俳優さんの腕の見せ所ですね。

2月16日の「足利義輝」登場シーンを思い出してみると、剣豪の雰囲気はない、穏やかでたおやかな将軍様です。

向井理さんに是非、剣豪のふるう「鹿島の太刀」の立ち回りを演じてほしいと期待が高まりました。

次回、光秀が「将軍は武家の棟梁」だと将軍に進言して欲しいと、谷原章介さん演じる三淵藤英を諭すシーンがありますが、光秀と将軍義輝の関係はここからはじまったといってもいい一幕でした。

【麒麟がくる】細川藤孝役は眞島秀和!イケメンすぎて再ブレークの予感!!1月19日(日)NHK大河ドラマ【麒麟がくる】が始まりますね。 細川藤孝役の眞島秀和さんが、シブくてとても「イケメン!」です!! ...

麒麟がくる【足利義輝】向井理ロスの声多数!悲劇の剣豪の最期は?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で【麒麟がくる】は撮影が中断されて、休止しましたが、8/30に放送再開しました!!

ところが・・予告映像を見て、なんともいえない胸のざわつきがファンを襲いました。

そうです、予告編で足利義輝様が・・・

歴史は帰られませんので致し方ありませんが、すでに義輝様ロスになるファンが激増(;_:)

管理人ももちろんその一人です。

予告で既に義輝様ロス…訴えかける顔
今週末からやっと再開ですねー!引用:twitter

次回なのかその次なのか・・・

あの、美しい一枚の絵のような場面、忘れられません。
この後、辛い事になるかもしれませんが、しっかりと目を逸らさずに見つめていきます!
引用:twitter

他にもありますよ☆

すでに向井理義輝ロス 引用:twitter

儚く美しい向井理さん演じる義輝公、最期を迎える前からロスの声が鳴りやまない、珍しい現象が起きました。

向井理さんのもともとの人気と、悲劇の剣豪足利義輝という人物自身を愛するファンがたくさんいらっしゃったのだと思います。

広告
スポンサーリンク

麒麟がくる【足利義輝】向井理ロスの声多数!悲劇の剣豪ついに花吹雪のごとく散る


祭りごとにもやる気を失い、無気力な将軍に家臣たちも離れてしまったある朝、目を覚ましてた義輝公は家臣に声を掛けます。

「だれかある?」と繰り返されるこの声に応えはなく、とてつもない孤独を感じさせ、もの悲しさに管理人は号泣してしまいました(涙)

「だれかある」は「だれかいるか」の意味ですが、ある?の方がいっそ寂しく響きました。

信長の上洛に失敗し、失意の元帰還した明智十兵衛(光秀)と義輝公のやりとりも、感涙シーンとなりました。


義輝公の「夏は終わった」と自分の時代が終わった、不要な存在だと口にするところは、結末が分っていてもなお、辛いシーンでした。

「将軍は武士の棟梁」と語っていた十兵衛は、義輝公から目をかけられた存在でしたし、十兵衛もまた義輝公を慕っているのがよくわかる大切な一幕となりました。

「麒麟がくる」は熱狂的なファンがたくさんいらっしゃいますので、この十兵衛とのシーンは涙なくしては語れないものとなったはずです。

辞世の句は読まれませんでしたし、次々に刀を抜いてというシーンもなく、障子で取り囲まれて命を絶たれるといったシーンにとどまりましたが、最期の立ち回りは本当に美しく、剣豪の名に恥じない刀裁きを見せてくれました。

向井理さんの足利義輝を演じる気迫さえも感じられるものでした。

かつて、こんなに慕われロスになる人続出の足利義輝はいなかったのではないでしょうか。

きっとこれからも語り継がれる、向井理さんの当たり役になったことは言うまでもありません。

これからも向井理さんのご活躍を応援していきます!!

広告
スポンサーリンク